Notice: register_sidebar が誤って呼び出されました。「Sidebar - Index」サイドバーの引数の配列で id が設定されませんでした。既定では「sidebar-1」です。id に「sidebar-1」を設定することでこの情報を消して、既存のサイドバーのコンテンツを保つことができます。 詳しくは WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 4.2.0 で追加されました) in /home/httpd/vhosts/sakamoto-g.co.jp/httpdocs/blog/wp-includes/functions.php on line 5311 詳しく説明するの、、忘れてた、、 | さかもとグループ ショップブログ

">美容室ANNEX JAPAN ゆめタウン高松店ブログ

詳しく説明するの、、忘れてた、、

スポッチャでまだ筋肉痛きてなくて明日が不安なひろしです(◎-◎;)

そーいえば詳しくいってなかったアミノ酸シャンプーについて、、

1.アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプー おすすめ一般に流通しているシャンプーは、毛髪や頭皮の汚れを洗い落とすために使用されている洗浄成分(界面活性剤)により、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系の大きく3つに分けることができます。

配合成分中、水と洗浄成分(界面活性剤)が大部分を占めるシャンプーを選ぶ際に着目すべきは、何と言ってもこの「洗浄成分(界面活性剤)」です。

私たちが普段ドラッグストア等で良く見かけるシャンプーは、高級アルコール系もしくは石けん系の洗浄成分(界面活性剤)配合のシャンプーが多く、比較的手に取りやすい価格であることが特徴です。

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しており、上記の高級アルコール系や石けん系に比べ、価格はやや高めというのが特徴です。

アミノ酸シャンプー おすすめアミノ酸は、髪や頭皮はもちろんのこと、人間の身体のありとあらゆる部分を形成するタンパク質を構成している成分です。

髪や頭皮にとって身近な成分であるために、自然な洗い上がりで髪や頭皮を健やかな状態に整えることができます。

さらに、アミノ酸シャンプーは保湿性があり、洗い上がりはしっとりとしなやかな仕上がりになるため、乾燥などによるパサつきが気になる髪にもおすすめです。

〈アミノ酸シャンプーをおすすめしたい方〉
・肌がデリケートに傾きがちな方
・年齢による髪・頭皮の悩みが増えてきた方
・フケやかゆみが気になる方
・髪のパサつき・広がりがある方
・長期的な視点を持ってヘアケアにこだわっていきたい方

2.アミノ酸シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプー おすすめ自分にぴったりのアミノ酸シャンプーを選ぶために、主に製品裏に表示されている「全成分表示」で、配合されている洗浄成分(界面活性剤)を確認しましょう。

アミノ酸シャンプーは、洗浄成分(界面活性剤)として、

「ラウロイル●●」
「ココイル●●」
「ココアンホ●●」(両性界面活性剤)
「●●ベタイン」 (両性界面活性剤)

などの表記の成分を含んでいます。

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)は、約3~5種類を組み合わされて作られているのが主流です。

各洗浄成分(界面活性剤)の特性を踏まえたうえで、アミノ酸シャンプーの魅力をより実感するために、肌らぶ編集部からおすすめしたい洗浄成分(界面活性剤)の組み合わせは以下になります。

「ラウロイル●●」+「ココイル●●」
「ラウロイル●●」+「●●ベタイン」or「ココアンホ●●」
「ラウロイル●●」「ココイル●●」or「●●ベタイン」or「ココアンホ●●」

アミノ酸シャンプー おすすめアミノ酸シャンプーと謳ったシャンプーでも、アミノ酸系洗浄成分(界面活性剤)が高価であることから、実際には少量しかアミノ酸系洗浄成分(界面活性剤)が配合されていないものも多く存在します。

全成分表示は配合量の多いものから順に記載されているため、上記で紹介した成分名に併せて、成分名の表示順も確認することをおすすめします。

先にお伝えしたように、基本的にシャンプーの配合成分は水と洗浄成分(界面活性剤)が中心となるため、水の次に成分名が表示されていれば十分な量が配合されていると考えることができます。

Admin menu

page top